栃木県 廃鉱・採石場跡 廃墟一覧

足尾銅山(あしおどうざん)は栃木県上都賀郡足尾町(現在の日光市足尾地区)にあった銅山。 江戸時代に発見され、ピーク時で年間1,200トンもの銅を産出していた。その...
宇都野火薬庫は、栃木県日光市足尾町にある足尾銅山関連施設跡の一つ。宇津乃火薬庫と表記されていることもある。 銅山で用いられるダイナマイトの火薬庫だった。
村樫石灰戸叶鉱山(むらかしせきたん とかのこうざん)は、栃木県佐野市の鉱山跡。山の斜面に黄色い鉱石タンクが並んでいる。「M石灰T鉱山」等として紹介されていること...
加蘇鉱山は栃木県鹿沼市にあった鉱山。ロードナイトやガーネットが採掘されていた。 選鉱場、貯鉱所(ホッパー)、鉱山軌道用の台貫(トロッコスケール)や坑口跡など...
西沢金山は栃木県日光市にあった金山。当時国内で最も純度の高い金を産出していた。 江戸時代に採掘が始まり、明治初期に本格化。最盛期には学校、病院、神社、映画館...
引田鉱山は栃木県鹿沼市の鉱山。 引田本坑付近にコンクリート遺構が残り、引田岩花付近にズリ跡などが見られる。
通洞選鉱所は栃木県日光市にある足尾銅山遺構の一つ。鉱石を選り分けて製錬所へ送る施設。 当初は本山、小滝、通洞の主要坑口にそれぞれ選鉱所があったが、大正10年ま...
栃木県宇都宮市大谷町にある稲荷山の大谷石採石跡。 巨大な石切り場、洞窟やトンネルが残る。